2017年06月17日

ニキビ治療

ニキビ肌の化粧水
ニキビ(にきび)や吹き出物に悩む方以外でも油分を含まない化粧水がオススメです。 

ニキビ用に硫黄の含まれた化粧水がありますが、強いものもあるので慎重に選んで下さい。皮膚科で処方される硫黄水は安全に使用できますので寝る前はそれでも良いかもしれません。 

木酢液というものが刺激も少なくニキビに効果があります。殺菌効果もあり、トラブルを抱える肌に最適です。
ニキビは脂性肌の人が出来やすいですが、普段から過度に洗顔していると、ドライオイリー肌(混合肌)になる可能性があります。

これは、角質層内部は水分不足なのに表面は脂でテカテカしした状態です。
オイルコントロールと保水はまったく別のケアですので、 洗顔で素肌の脂分を落としたら、化粧水でしっかり水分補給してあげましょう。

皮脂の過剰分泌対策
皮脂は脂っこいものを食べた時に多く出るのはなんとなく分かると思いますが、それ以外にも体が乾燥したときに多く分泌されます。 
体の乾燥というのは、素肌表面ではなく身体の内部の事です。

体内の水分が減少すると、顔の皮脂量が最適であっても皮脂が出ようとします。 
皮脂は部分的なコントロールが効かないので、皮脂量が足りている部位にも出てしまうんですね。

ですので、体内を水分不足の状態にしないよう常に水分補給するようにしましょう。
特に冬は喉が渇いたという感覚が少ないので、こまめに水分補給する事をお勧めします。 

油性肌(脂性肌)の方は、皮脂が足りているのにからだが乾燥していると皮脂が過剰になります。
皮脂量が過剰になった結果にきびが出来やすくなりますので、水分管理に気をつけるとにきびの改善もされるはずです。

ニキビの減るシャンプー
シャンプーやリンスに含まれる界面活性剤は素肌にとって悪いものです。
中でも両性イオン系と言われるアミノ酸系の界面活性剤を使用したものは素肌に付くと取れにくく、付いたまま放置すると毛穴を詰まらせてしまいます。

洗い上がりがしっとりするものや、リンスインシャンプーなどによく配合されています。 
これが、顔や背中に付けばニキビの原因になります。

リンスが顔や背中に付くと良くないと言う事が分かれば、洗う順番は決まりますよね。まず、頭を洗って、リンスまでして洗顔、そして体を洗います。 
リンスを流したときに首周りに付着しやすいのでしっかり洗ってください。

背中ニキビの原因と治療
背中のニキビに悩む女性は意外と多いです。
背中にニキビがあると背中の開いた服が着にくいですよね。 

背中のニキビの原因はいろいろですが、見落としがちなのは入浴時のシャンプーやリンスです。
特に髪の長い人はリンスなど背中につきやすいのでニキビの原因となります。 

リンスの付着を防止するには、体を洗う前に頭を洗うことです。
頭を最後に洗うと、リンスが付着した状態になりがちですからね。 

背中というのは、あまり知られていませんが、意外と皮脂が多い部分にあたるのです。
にきび(ニキビ)の原因は毛穴のつまりですよね。背中の毛穴が詰まっている状態だということになります。 

その他には紫外線やストレス、汗などの影響もあります。
どうしても背中のニキビが気になるようであれば皮膚科にかかるようにしてください。

ニキビ跡の治療

ニキビ跡には陥没して肌表面がでこぼこになるものと、シミのように色素沈着を起こすものの二種類があります。 
まず、クレーターの様なニキビ後の治療法には、レーザー治療、コラーゲン注入、ヒアルロン酸注入などがあります 

レーザー治療は、にきびの炎症を抑える効果もあり、今あるにきびにも効果的です。
レーザーを当てることで、ニキビ跡のコラーゲン生成を促してへこみを膨らませる事ができます。 

次に、色素沈着を起こしたニキビ跡の治療ですが、これにはレーザー治療やケミカルピーリング、ビタミンC誘導体を使ったものが一般的です。
ケミカルピーリングというのは古い角質を強制的に剥離し、肌本来の再生力を高めて新しい肌を出してあげる治療方法です。
角質は通常、勝手に剥がれ落ちますが、ターンオーバーが正常に行われていないと徐々に肌表面に蓄積されます。
これによりシミやくすみ、シワなどの肌トラブルを引き起こします。

ニキビの薬
市販されているニキビの薬はいろいろありますが、ちゃんと効くでしょうか?
ニキビは初期の白にきびと末期の黄ニキビでは、つける薬や治療方法を変えなければなりません。

ニキビの薬には医薬品と医薬部外品があり、医薬部外品では治療する事ができません。
ですのでニキビの治療は皮膚科できちんと見てもらってから薬を処方した貰った方が良いでしょう。

ニキビを予防したり、治療する漢方薬もありますので興味のある方はお試し下さい。

ニキビに効く漢方薬
ニキビの種類別でオススメの漢方薬を紹介します。 

加味しょう遙散(カミショウヨウサン)
 にきびが生理前にひどくなる人

大柴胡湯(ダイサイコトウ)
 にきびが生理前に悪化する人、ストレスでにきびが増える人

竜胆しゃ肝湯(リュウタンシャカントウ)
 ニキビが化膿して赤く腫れあがっている人

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
 アゴにニキビができやすい人

半夏しゃ心湯(ハンゲシャシントウ

 口周りのにきび、口内炎もよくできる人

荊芥連ぎょう湯(ケイカイレンギョウトウ)
オーソドックスな漢方薬で一番処方されます。

防風通聖散(ボウフウツウショウサン)
化膿した大きなニキビで痒みを伴う場合

清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)
 若い人特有の熱と痒みを持ったにきびに

六君子湯(リックンシトウ)
 消化力が落ち、つぶすと透明な液体が出るニキビに。 

半夏白じゅつ天麻湯(ハンゲヒャクジュツテンマトウ)
肌と同じ色の大きなニキビで、つぶすと透明な液体が出るタイプに。 

詳しくは漢方を扱う薬局にご相談下さい。
posted by さとみん at 21:20| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア

2017年06月14日

ニキビの原因と治療方法

大人になったらニキビは治るよなんて言われますが、ニキビは思春期の子供だけではなく大人にもできます。
思春期のニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因で、大人にきびの原因は様々です。

食生活やストレス、体調不良によっても出来ます。では、どのようなニキビ治療をしたらよのか見てみましょう。


ニキビの原因にはいろいろありますので代表的なものを部位別に紹介します。 

おでこのにきび
シャンプーやリンスの付着残り
汚れ
髪の毛の刺激
女性ホルモンの欠乏

鼻のにきび
ダニ

頬のにきび
甘いもの、脂肪の取りすぎ。
肝臓機能の低下、便秘

口の周りのにきび
ビタミンB2,B6の欠乏
胃腸障害

顎(あご)のにきび
婦人科疾患
腸が悪い
冷え性
カルシウム不足 

その他全般的に言えるのは、皮脂の過剰分泌や顔を手で触ることによる油の付着による毛穴の炎症などがあります。

体内が原因のニキビは改善までに時間がかかりますが、外的要因のにきびは予防する事が可能です。
常に素肌を清潔な状態に保ちましょう。

大人ニキビの原因と治療
大人にきびの原因と治療方法ですが、思春期に出来るニキビと大差ありません。
まず大人にきびの原因ですが、これはニキビの原因の頁で書いたものがだいたいあてはまります。

その他にもストレスや冷暖房による乾燥した環境など、様々なものが絡んで大人ニキビとなります。
脂性の人であれば皮脂の過剰分泌という原因も当てはまります。 

これに引き換え思春期のニキビは皮脂の過剰分泌が主な原因となりますので治療は比較的容易です。

ニキビの種類と特徴
ニキビの種類と特徴
白にきび
毛穴が詰まってしまい、皮脂が外にでることができない状態のまま、盛り上がったもので炎症は起こしていません。
刺激しないようにしましょう。手で触ると炎症を起こし、赤にきびや黄にきびに変化します。 

黒にきび
鼻や鼻の脇などによく見られるニキビで、皮脂の出口が塞がれ皮脂が頭を出し外から汚れがついたり、空気で酸化をうけて黒く見えるもので、炎症はしていません。刺激しないようにしましょう。 

赤にきび
白にきびや黒にきびが毛穴の中の最近の増殖で炎症を起こします。
赤く腫れた症状を悪化させると、にきび跡になります。 

黄にきび
白にきびや赤にきびが更に悪化すると黄にきびになります。
周りが赤く先端が黄色になります。
ここまでくると皮膚科での治療が必要になり、にきび跡は免れる事ができません。

ニキビとファンデーション
ニキビが出来てしまった場合、化粧で隠してしまいたい気持ちはよく分かりますが、下地やファンデーションはにきびを悪化させます。
どうしても付けなければならない場合はパウダーファンデーションを使用するようにしましょう。 

この時、パフでたたくと毛穴に深く入ってしまうので横にすべらせるように付けてください。 
分離タイプのリキッドファンデーション(ノンオイル)や揮発性オイルを使ったリキッドファンデーションであれば、にきはの悪化しにくいです。

正しいクレンジングの仕方
クレンジングは、綺麗にするものだから素肌に一見よさそうですが、実は良いものではありません。
クレンジングの成分が、角質層に負担をかけ素肌の老化を早めてしまいます。

ただ、メイクは落とさなければならないので、クレンジングの使用は避けて通れないですよね。
油を含む化粧品を落とすには油性のクレンジングを使用しますが、その油成分が残ると素肌によくありません。 

ですので水に流せる油性の洗顔料を選んでください。
コットンで拭き取るものは、油分が毛穴に入る為お勧めできません。 

クレンジング剤が化粧に馴染んだら、さっと洗い流すようにしましょう。

洗顔でニキビ予防
にきびや吹き出物が出来やすい方は、とにかく洗顔を念入りにして下さい。 
洗顔は油分を落とすだけでなく、常に素肌を清潔に保つことでにきびの悪化を防ぐことが出来ます。 

弱酸性の洗顔料は肌に優しいと錯覚しがちですが、残念ながらにきびや吹き出物の肌にはオススメできません。 
弱酸性の洗顔料では、素肌の汚れや脂分を落としきれず、毛穴を詰まらせてしまいます。

洗った後につっぱらないというのは汚れや皮脂が素肌に残留している為です。
素肌の為には純石鹸をご使用下さい。

それからスクラブ入り洗顔は、素肌の角質層を傷つける可能性が高いので使用は避けましょう。
毛穴の汚れは蒸しタオルで毛穴を広げて落とした方が良いでしょう。
posted by さとみん at 20:58| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア

2017年06月12日

美肌の為のターンオーバー

美肌を得る為にはターンオーバーについて知り、そして正常に保つ事が大切です。
ターンオーバーを妨げる行為や素肌の老化について解説します。

ターンオーバー(新陳代謝)とは
ターンオーバー(新陳代謝)について知ることはスキンケアをするうえでの基本です。 
素肌は28日周期で生まれ変わるなんていうフレーズを聞いたことないでしょうか?

確かに、細胞の周期が28日なので表現としては間違ってなくもないのですが、素肌の細胞は毎日生まれ変わっています。 
この素肌の新陳代謝をターンオーバーと読んでいます。

基底細胞(分裂して皮膚になる細胞)の分裂サイクルが狂ったり古い角質がいつまでも剥れ落ちなかったりしてターンオーバーのリズムが崩れると皮膚のコンディジョンが悪くなります。

ターンオーバーのリズムを保つには正しい生活習慣が重要です。食事や睡眠をきちっととりましょう。

ターンオーバーを正常に保つ秘訣
素肌のターンオーバーは自律神経の働きによるので、コントロールする事は出来ませんが、ちょっとした気遣いで正常に保つ事が出来ます。

ターンオーバーが活発な時間を知る
午後10時〜午前2時が一番活発になります。この時間帯に、ターンオーバーを妨げる事をしていると素肌の老化を早めてしまいます。 

ターンオーバーを妨げる行為
化粧をしたままで肌に負担をかけている
食事や運動などにエネルギーを使っている
ビタミンを破壊する喫煙や飲酒をしている

午後10時までにしておく事
洗顔でメイクや汗などの汚れを落とし、化粧水でたっぷりと水分補給。 これが、ターンオーバーを正常に保つ秘訣です。

紫外線とターンオーバー
紫外線が肌に悪いのは皆さんご存知の通りですが、紫外線はターンオーバーの周期を早めます。
周期が早ければ、どんどん新しい皮膚が出てくるのでよさそうな感じもしますが、この場合不完全な状態の細胞が生まれてしまいます。

本来アカとして排出されるメラニンが表皮に残り沈着してまいます。
紫外線に当たるとシミが出来るというのはこういう現象からです。

ちなみに紫外線をUVカット化粧品で予防した場合、紫外線は防げますがターンオーバーが正常に行われなくなります。
紫外線から肌は守れるが、肌の老化は進めてしまうということを覚えておきましょう。
posted by さとみん at 22:22| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア

2017年06月10日

肌の状態別スキンケア方法

自分の肌はどんなタイプ?
ニキビの出来やすい脂性肌(油性肌)?
肌がカサカサの乾燥肌?
化粧品負けする敏感肌? 

肌のタイプに合わせたスキンケアを行いましょう。

脂性肌なのに間違った手入れをすると、表面だけ脂性の混合肌になったりしますので要注意。

敏感肌ってどんな肌?
敏感肌の人は、普通の人には何でもない刺激や物、変化に対して過剰反応を起こす肌のことです。
普通の人よりもかゆみやかぶれ、赤みなどの炎症症状が現れやすい状態にあります。

ストレスや不規則な生活、季節の変わり目に紫外線や乾燥、花粉などのアレルゲンによる刺激から守る機能が働かなくなる為発生するといわれています。 

その他にも敏感肌が反応するきっかけですが、洗顔やクレンジングの時に顔をこすり過ぎたり、化学成分の強い石けんを使った場合に免疫機能が普通の人より過剰反応するため、炎症やかぶれ、かゆみを引き起こす事があります。

敏感肌の誤解
敏感肌だから化粧品がピリピリして使えない。
という方は本当に敏感肌でしょうか?

つけて5分ぐらいで痒くなるとか、赤いプツプツが出るとか、定期的に赤くなるとかいう場合は使用しないほうが良いですが、ピリピリするだけなら大丈夫です。
有効成分が濃いものをつけた場合、肌がびっくりして赤くなったり、ひりひりしたり、かゆみが出たりすることがあります。

そのような症状が出た場合は、一度洗い流して何日か様子をみます。
症状が安定したらもう一度試してみてください。

なんともない場合が多いです。
肌に効いているのと、過剰反応しているのは似た反応が出ますので注意しましょう。

春は化粧品かぶれを起こしやすい
暖かくなってくると新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌が盛んになります。 
季節の変わり目は体が敏感になりやすく、体調を崩したり、吹き出物が出来たりしやすくなります。

花粉症の方は敏感肌が更に敏感になり、肌が痒くなったり赤くなったりすることもあります。
このような体調の変化により、春は化粧かぶれしやすくなります。 

敏感肌の場合、汗に含まれる塩分や尿素が刺激となり、かゆみの原因になります。
汗をかいたら洗顔して清潔な状態を保ちましょう。

化粧はなるべくせず、化粧水程度に留めると良いです。
もし、化粧水でかぶれの症状が出るのであればすぐに洗い流して様子見してください。

敏感肌用の化粧水でも駄目な時はダメなので、気をつけてください。

肌荒れの原因
肌荒れは、ターンオーバー(肌の新陳代謝で28日サイクルと言われている)が乱れ、肌サイクルが不安定な状態になることが原因です。
気温の変化や空気の乾燥、紫外線の増加からターンオーバーは乱れます。 

また、気温の上昇が皮脂の分泌を活発にして、ニキビなどの毛穴トラブルにもつながります。
その他にも睡眠不足や血行不良、ホルモンバランスの乱れが肌荒れ原因になることもあり、これらを改善するだけで敏感肌が治り健康な肌を取り戻せる事も。

花粉や黄砂によるアレルギー症状も深刻な問題となっており、敏感肌を悪化させる原因とされています。

敏感肌のお手入れ(スキンケア)

敏感肌の場合、洗顔料は低刺激のものを選ぶようにしましょう。
シャンプーやコンディショナーの流し残しや埃、ダニも敏感肌の原因となるので掃除は丁寧に。

敏感肌のスキンケアで一番大切なのは保湿です。
常に清潔な状態を保ち、洗顔後は乳液やクリームなどを塗り、皮膚を乾燥させないようにします。 
肌が敏感になっている時は、コットンなどは使わず清潔な手でつけるようにしましょう。 

お肌に必要な栄養素

お肌のお手入れには、特にビタミン摂取に力を入れましょう。
ビタミンAが不足すると皮脂が減少し、皮膚は乾燥します。

ビタミンCが欠乏すると、メラニンによって肌が黒ずんだり、シミができたりします。
最後にコラーゲンはみずみずしく、ハリやつやのあるお肌をつくりますので補ってあげましょう。

脂性肌(オイリー肌)の原因
脂性肌(オイリー肌)の原因をまとめてみました。 

皮脂を意識的に取り除きすぎる
皮脂は肌にとって必要なものです。
それを頻繁な洗顔や油取り紙などで無理やり取ってしまうと、余計に皮脂を分泌する事になります。
空腹が続くと脂肪を蓄えようとする体の原理と同じです。
石鹸での洗顔は1日1回に留めましょう。 

外からの刺激
必要以上にこすったり、肌を引っかいて傷つけたり、気温が高いと皮脂が多く分泌されます。 

甘いものや油っこいもの、お酒を摂りすぎる
甘いものや油っこい食べ物、お酒などを摂りすぎると皮脂の分泌量が増える場合があります。 

ホルモンバランスの崩れ
皮脂の分泌は男性ホルモンや、成長ホルモンなどが関係しています。
睡眠不足や偏食、ストレスが原因でバランスが崩れ脂性肌の原因となります。 

血行障害
喫煙や冷えで肌の新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに行われず脂性肌の原因となります。

脂性肌(油性肌)とニキビ治療 
脂性肌(オイリー肌)がニキビの原因になることはご存知かと思います。
もちろんニキビの原因は脂性肌だけではありませんが、大きな原因と言えます。

皮脂は肌を守る働きがありますが、皮脂が多すぎるとほこりや汚れが付着しやすくなり、毛穴をふさぐ事があります。
毛穴が角栓という皮膚の老廃物でふたをされると、皮膚表面に流れ出なければならない皮脂が毛穴の中に停滞し、ニキビに変化します。

にきびの初期状態では、脂を好むアクネ菌が増えて活性化しやすくなります。
アクネ菌は皮膚の常駐菌ですが、皮脂を分解するとき遊離脂肪酸という物質を作ります。

これが初期ニキビを炎症させ、赤い発疹や重度な黄色いニキビへ変化させる原料となります。
重度のニキビはにきび跡の原因にもなりますので要注意。 

皮脂量のコントロールをし、ニキビとさよならしましょう。
治療には皮膚を清潔にする洗顔が必要不可欠です。

脂性肌(オイリー肌)改善の為の食事 
脂性を治すための食事について知っておきましょう。
脂っこいものや、お酒などを食べ過ぎると脂性肌になりやすいです。
バランスのよい食事が脂性肌を改善する基本となります。

ビタミンCは加熱せずビタミンEと摂取すると効果が上がります。

ビタミンC
コラーゲンを生成し皮膚の張りを保ちます。
いちご、みかん、レモンなどの果物。さつまいも、じゃがいも、ピーマンなど。 

ビタミンE
肌のきめを整え潤滑な血行を保ちます。
落花生、大豆、アーモンド、ピーナツ、ニラ、モロヘイヤなど 

ビタミンB2
脂質、糖質などの代謝を促進して皮膚を作り再生します。
乳製品、卵、レバー、豚肉、うなぎ、納豆など 

ビタミンB6

たんぱく質の代謝を促進し、免疫機能により皮膚を作り維持します。
いわし、さんま、さばなどの魚類やレバーなど。 

ビタミンA
皮膚の老化を防ぎ、正常に保ちます。
かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、春菊、などの緑黄色野菜。牛乳、レバー、チーズなど。

脂性肌(油性肌)の為の生活習慣
皮脂の分泌に関係するホルモンは、夜間に働く傾向があります。
ホルモンバランスを崩さない為にも夜12時前には就寝し、夜遅い食事を避けましょう。 
お風呂や洗顔では天然の石鹸を使用し、肌への刺激を避けましょう。

適度な運動は血流を良くして、代謝を高めます。
またタバコは血管を収縮させ、血液の循環が悪くなる為、肌の再生能力も低下します。

健康的な生活が脂性肌(オイリー肌)脱出の為の第一歩です。

脂性肌(油性肌)改善の為の洗顔方法
脂性肌(オイリー肌)のスキンケアの基本は、洗顔です。
洗顔では、肌についたほこりや雑菌、汗などを石けんなどで取り除きます。 

脂性だからといって、必要以上に洗浄力の高い石けんを使ったり、過剰に洗うと必要な皮脂まで洗い流す可能性がありますので注意が必要です。
お肌の汚れは化粧をしていなくても毎日残る汚れなので、朝晩洗顔しましょう。

朝は水だけでOKです。
お肌の汚れは、洗顔料や石けんの泡で包み込むように洗いましょう。
ごしごしこすると必要以上に皮膚に刺激を与え皮脂量を増やすことになります。 

泡立てネットで泡立てると決めの細かい泡が作れます。
指を直接肌に触れない程度の力で、泡をころがすように洗顔します。

すすぎが不十分だと、肌荒れやニキビの原因になりますのでしっかり洗い流して下さい。
最後に冷水で洗い流すと毛穴も引き締まり、効果的です。
posted by さとみん at 13:38| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア

コスメ口コミ人気ランキング

ユーザーが選ぶコスメの口コミ人気ランキング。
ユーザーの満足度が高い化粧品はこれ。

ランキングは独自調査により算出。

化粧品には合う合わないの好みもありますので参考程度にどうぞ。

ファンデーション口コミ人気ランキング
1位 ジモス(マキアレイベル)
クリアエステヴェール
美容液、ファンデーション売り上げ実績NO.1。UV効果、美容液効果があり化粧崩れしにくく潤いを実感できる。

2位 Dr.シーラボ
エッセンスファンデーション
潤いと透明感が続く美容液配合ファンデーション。少量でもムラにならず肌に優しい。

3位 ファンケル
リキッドファンデーション
ナチュラルな仕上がりを求める方に最適。肌荒れしにくいが若干カバー力が低く感じる。

4位 オルビス
リキッドファンデーション
ナチュラルで薄好きな方向け。肌荒れしにくいが若干カバー力は劣る。

口紅口コミ人気ランキング
1位 ファンケル
リップカラーパレット
無添加で刺激がなく唇が荒れない。その分持ちが悪いのが難点。

2位 DHC
リップカラーパーフェクトプロ
安いのに発色が良い。とろける発色タイプがオススメ。

3位 オルビス
ピュアプレシャスルージュ
発色がよく唇も荒れない。リップの上に口紅を薄く載せるとちょうど良い感じ

4位 DHC
モイスチュアケア リップグロス
艶々に潤います。発色もまずまずで値段も○。

5位 オルビス
ジェリーグロス
やっぱり唇は荒れます。薄く少し付けてあげるのがポイント。

マスカラ口コミ人気ランキング
1位 アニエスベー
マスカラ3Dインテンス
バッチリ長く、ダマにならずセパレート。ウォータープルーフでパンダ目知らず。

2位 DHC
マスカラパーフェクトプロ
用途に合わせて、セパレーション、ロング、ボリュームなどいろいろな種類があります。

3位 エイボン
ウォータープルーフマスカラ
ブラシが小さいので下まつ毛につけ易い。ナチュラルメイクにお勧め。

4位 ファンケル
スタイリングマスカラ
カール力はないが綺麗に仕上がります。無添加でまつげに優しいです。

5位 オルビス
ボリュームアップマスカラ
独特なブラシが使いやすい。若干落ちやすいので注意。

クレンジングオイル口コミ人気ランキング
1位 ファンケル
マイルドクレンジングオイル
低刺激でよく落ちる。クレンジングオイルも少量ですっきり落ちます。

2位 長寿の里
よかぼんたんオイルくれんじんぐ
香りが良く低刺激でよく落ちる。一度使ったら手放せない方も多いようです。

3位 オルビス
クレンジングリキッド
オイルフリーです。ベースメイクは無理なく落ちますが、クレンジングオイルが落ちにくいです。

4位 再春館製薬所
化粧落としジェル
刺激は少なく落ちはよい。値段が若干高いのが気になる点です。

5位 DHC
薬用ディープクレンジングオイル
メイクはよく落ちます。乾燥肌には向きません。独特な匂いがあるので好みはあるかも。

洗顔口コミ人気ランキング
1位 再春館製薬所
洗顔石鹸
低刺激でしっとりさっぱりの洗いごこち。値段が高いのが難点。

2位 味の素
アミノウォッシングフォーム
キメ細かいけしっかりした泡が簡単に出来ます。少量で泡立つのでコスト的にマル。

3位 ファンケル
洗顔パウダーさっぱり
しっとりさっぱりです。しっとりタイプの方が好みの方もあるかもしれません。

4位 長寿の里
つかってみんしゃいよか石けん
固い泡が作れます。洗顔後は顔が白くなりますので美白効果もありです。

5位 オルビス
ウォッシュホワイト
美白効果は?ですが、クリーミーな泡立ちとつっぱらない洗いあがりは良いです。

化粧水口コミ人気ランキング
1位 ファンケル
無添加スキンケア 化粧液DXしっとり
肌にすっと馴染み、潤います。無添加、無着色、無保存料で敏感肌に最適。

2位 オルビス
エクセレントローションR
乾燥肌にぴったり。べたつき感が気になりますが、時間が経つとしっとりします。

3位 エイボン
ミッションYトリートメントローション
もちもちプルプルのお肌になります。最初は肌がヒリヒリ。手軽に買えないのが難点。

4位 再春館製薬所
保湿液
肌の内側から潤います。肌トラブルを抱えている方には特にオススメ。

5位 オルビス
ホワイトニング ローションL
ニキビ肌にはこれ。トラブル解決します。

乳液口コミ人気ランキング
1位 ドクターシーラボ
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャー
オールインワンタイプなので楽です。化粧をする暇もない育児中の方などに最適です。

2位 再春館製薬所
保護乳液
少量でふっくらもっちり。サラッとしていて使いやすいです。

3位 ファンケル
無添加スキンケア 乳液しっとり
保湿力が高く無添加でエイジングケアが出来ます。さっぱりタイプも人気です。

4位 オルビス
ホワイトニングモイスチャーL
低刺激でさっぱりしています。美白効果もあり。

5位 DHC
Q10ミルク
肌にハリが出て保湿効果もそこそこ。何処でも買えるのがうれしい。

美容液口コミ人気ランキング
1位 ファンケル
ビューティコンセントレート
即効性はないが、使い続けるとお肌のきめが整います。

2位 キナリ
草花木果 透肌マスクジェル
肌への馴染みはよく香りも良し。手ごろな値段でしっとり。毛穴にも効果あり。 

3位 ファンケル
リファイニングエッセンス
値段は高いですが、肌のキメは整います。夏場の使用にオススメ。 

4位 山田養蜂場
薬用RJエッセンス
少量でよく馴染みます。もちもちしっとりで肌に優しいです

5位 ドクターシーラボ
アクアコラーゲンスーパーモイスチャー
1本で済むので楽です。化粧する時間のない方にオススメ。本格的なケアには単品物をお勧めします。
posted by さとみん at 00:41| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア