2017年06月05日

口紅の塗り方と選び方

口紅(リップ)は色によって印象が大きく変わります。
なりたい印象に合わせた色選びをしましょう。

また、口紅が落ちる原因は塗り方に原因があります。
落ちない口紅の塗り方も合わせて紹介します。

口紅の上手な塗り方
1.親指の腹で顎の先から耳の裏まで顔のリンパに沿ってマッサージして唇の色を整えます。
2.「う」の口でリップライナーか平筆で上唇の山の部分の輪郭を描き下唇の中央を塗ります。若い人は薄く、年配の方は輪郭をはっきり描くと良いです。
3.「い」で下唇へ口紅を塗ります。
4.「あ」で上唇と下唇の口角をつなげ、「え」で唇全体を塗りつぶします。
ティッシュで余分な油分を押さえて取り、口紅を再度全体に塗ります。真ん中を厚くするのがコツです。
5.唇にツヤ出したければ、上からグロスを塗ります。 グロスは唇の両端を4mmぐらい残して中心部分のみつけます。

口紅の色の選び方
口紅の色によって、顔の表情は大きく変わってきます。
どんな口元を演出したいですか? 

可愛らしい口元
オレンジ、ピンク、ベージュ系がお勧め。
唇の山は自然にとり、口角をつなぐ時に山から口角に繋がるラインを唇から1mm程度大きめに取るのがポイント。 

きりっとした口元
ブラウン系がお勧めです。
唇の山の角度を鋭角にとり下唇の口角をやや上げ気味に塗ります。 

セクシーな口元
ボルドー、レッド系がお勧めです。
唇の山、下唇共にややオーバーにラインをとります。
本来の唇より大きめに書くのがポイントです。


グロスを塗ると艶っぽくよりセクシーな感じになります。 
年配の方は、ボルドー系、ピンク、赤色の口紅はきつい印象になります。

パールの入った口紅も血色が悪く見えます。
お勧めは、実際の唇の色よりも少し赤みの入ったブラウンピンク、ブラウン、ベージュあたりで あたり障りなく誰にもマッチする色だと思います。

落ちない口紅の塗り方
口紅は一度塗ったあと、ティッシュで押さえて再度塗る事によりかなり落ちにくくなります。
また、口紅が落ちるのは唇の乾燥が原因ですのでリップ下地を使うのも一つの手です。 

落ちない口紅もありますが、唇が痛みやすいので人によっては合わない方もあるかと思います。 
その他落ちない口紅といえば、上からコーティングするタイプでしょうか。

マックスファクターのリップフィニティプロなんかがそうです。
これは、リキッド状になっていて上からクリアコートを塗るのですが、 化粧直しするときはクリアコートを塗るだけでOKです。

下の口紅までおちることはないですね。 
これと同様に上からグロスを塗ってあげても良いと思います。
posted by さとみん at 21:45| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア

マスカラの正しい塗り方と下地

ビューラーのあて方やマスカラのつけ方によって表情は大きく変化します。
その日の気分や会う人によって印象を変えてみるのも楽しいかもしれません。

まつ毛に負担がかかるのでまつ毛用育毛剤やマスカラ下地を使うと良いでしょう。

マスカラの塗り方と下地
マスカラを塗る事で目力がつきます。 
まず、マスカラの下地について説明します。

マスカラ下地にはカールキープ、長さ、ボリュープをアップさせる働きがあります。
また、下地にはトリートメント効果もありますので痛みがちなまつ毛を保護してくれます。 

マスカラ下地はブラシでまつ毛を根元から持ち上げるように塗ります。
下地が乾く前にマスカラを塗ってあげます。 

続いてマスカラの塗り方です。

まずビューラーで上まつげの根元をはさみ、中央、毛先側へと移動させながらカールさせます。
力みすぎてまつげを折らないようにしましょう。 
下地を使う場合はここで付けましょう。

次にマスカラをつけていきます。

ティッシュにマスカラブラシを軽く叩くか、容器の縁で2,3回しごき余分な液を落とします。
まぶたを軽く引き上げ、目線を下にして上まつげの根元に上側からブラシを左右に動かしながら 毛先に向かってつけます。
まつ毛の中央が終わったら目頭、目尻も同様に行います。

次に毛の下側から持ち上げるように塗ります。
下まつげは縦に持ったブラシを左右に動かしながらまつ毛1本1本に塗っていきます。 
マスカラ液が乾ききる前にしっかりコームでとかします。

上まつ毛は目線を下にして、目と平行にコームを持ちとかします。
下まつ毛は逆で目線は上向きにします。

理想のボリューム、長さになるまで「つける⇔コーミング」を繰り返します。

マスカラの塗り方と印象の変化 

マスカラとまつ毛のカール具合により顔の印象が変わります。
どんな感じにしたいか決めてメイクしましょう。 

涼しげな印象
ビューラー:上まつげの根元だけカールさせます。
マスカラカラー:青色
塗り方:上まつげと同様に下まつ毛にもたっぷりと塗ります。
仕上げ:まつげコームをしっかりかけダマをなくします。

可愛らしい印象
ビューラー:上まつげの根元から毛先までしっかりカールさせます。
マスカラカラー:茶色
塗り方:上まつげと同様下まつげにもたっぷりと塗ります
仕上げ:まつげコームは軽くかけます。
注意:年配の方の茶色はぼやけた印象をもたせます。 

モードな印象
ビューラー:上まつげの目尻から中央にかけてカールさせます。
マスカラカラー:上まつげにはオレンジゴールド、下まつげには黒のマスカラをたっぷりと塗ります。
仕上げ:まつ毛コームは軽くかけます。
posted by さとみん at 21:42| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア