2017年05月30日

化粧下地の種類と付け方

化粧下地の種類について
どのタイプの化粧下地も顔全体に薄く広がるぐらいが適量です。
付け過ぎはヨレなど化粧崩れの原因になりますので注意しましょう。 

乳液タイプ
適量:1円硬貨大
使い方:手のひらに少しづつ出して、肌になじませながら量を加えていきましょう。 

チューブタイプ
適量:パール小
使い方:チューブから出して指先に乗る位の量が大まかな目安ですが、小出しにしながら顔全体に伸ばしていきましょう。 

クリームタイプ
適量:パール小
使い方:容器に入っているので少しずつ指先にとり、肌になじませながら足りないと感じたら足しましょう。 

化粧下地は多数のメーカーからいろいろなものが出てます。
自分に合う合わないがありますので、いろいろ試してみるしかないと思います。

肌質とか求めてる方向性が人それぞれですので、まずは口コミを参考に、 そして店員さんに聞いて、最後は自分で試して判断しましょう。

下地のつけ方のポイントはうすく均一にのばすことです。
指先に取ったら、両手の人さし指と中指、薬指の指先に広げた、ほお、ひたい、鼻、顎と、顔全体にうすく均一に伸ばします。
伸ばす時は顔の中心から外側に向けて広げましょう。
顔全体に広げたら、手のひらや指先で肌にぴたっとすいつく感じがするか確かめます。 
この時、ベタつきを感じたら付け過ぎの印です。

下地をつけすぎるとファンデーションをつけた時、ムラになり化粧が崩れる原因になります。 
つけすぎた場合は、ティッシュペーパーで軽くおさえて時間を置き、ファンデーションをつけましょう。 

また、外出の予定がなくノーメイクで過ごしたい時も、化粧下地までつけておくと 肌の乾燥や紫外線から守ってくれます。 
部屋の中でも紫外線は浴びますので油断あるまじき候(`・ω・´)
posted by さとみん at 23:29| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: