2017年05月31日

チークの入れ方と小顔メイク

チークを入れることにより、大人っぽさ、知的な感じ、フェミニンな感じ、 可愛らしい感じといろいろな演出が出来ます。
ただ、入れ方を間違えると子供っぽい感じになりますので注意が必要です。

小顔効果もありますよ。

チーク入れ方によるイメージの変化 
チークの色や入れ方で顔のイメージを変えることが出来ます。
チークのパターンは決まっていますので以下を参考にメイクしてみて下さい。 

可愛らしい雰囲気
使用チーク ピンク系
入れ方 頬骨全体にくるくると円を描くように入れます。 

フェミニンな雰囲気
使用チーク ローズ系
入れ方 頬骨を中心に横へやや太めに入れます。 

スタイリッシュな雰囲気
使用チーク ブラウン系
入れ方 頬骨の下からこめかみに向かって太く斜めに入れます。 

知的な雰囲気
使用チーク ベージュ系
入れ方 頬骨の下からこめかみに向かって細く入れます。 

チークを入れ終わったらブラシに残ったチークをあご先や額の生え際につけて仕上げます。

チークの入れ方(基本) 
チークを入れる目的は、ファンデーションで整えた肌を健康的に見せる事です。
頬に色を付ける事でメイクのバランスがとれ、小顔効果とリフトアップが可能です。 

チークの塗り方(小顔編)
チークブラシにパウダーチークをたっぷりとります。 フェースパウダーを少し付けることでより自然に柔らかく出来ます。
(チークブラシは大きなものを使いましょう) 
チークの付き過ぎ防止の為、ティッシュペーパーか手の甲にブラシをはたいてブラシに馴染ませます。
(そのままのせると一点集中して子供っぽくなるので注意) 
顎と平行のラインで小鼻の延長線よりも上側かつ黒目の中心よりも外側から、 サッと色付く程度に入れます。
(耳の付け根と鼻をつないだラインより下に入れると老けた印象になるので注意) 
頬骨の一番高い位置にチークをのせ立体感とリフトアップ効果を出します。 
新たに粉を付けずに、目尻の斜め上辺りから先ほどのせたチークと平行に サッと入れます。 
最後に眉毛の斜め上辺りから先ほどと平行になるように粉を付けず、サッと入れます。 
(3段階のグラデーションになります)
仕上げに顎先や額の生え際につけることで顔色がさらに明るく、フェイスラインがはっきりして立体感が出ます。
posted by さとみん at 22:20| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: