2017年06月02日

眉毛の脱色と刺青

眉毛の脱色 
髪の毛を茶色に染めている人は、眉毛も当然茶色にしてあげるのですが、(黒のままの人もいますけど。。)自分で脱色するのは難しいです。 
眉毛の脱色は出来れば美容院でやりたいですね。 

ただ、すぐ伸びますしどうしても自分で脱色したいという人は、市販のブリーチ剤を購入して綿棒に取り、 眉毛に塗ります。5分ぐらい置けばいい色になるかと思います。 

この時、絶対目に入らないように注意してください。 
眉毛の脱色が敏感肌などで難しいという方は、眉マスカラでコートする方法もあります。

毎日やらなければなりませんが、経済的です。
最近は、一度書いたら数日消えない眉マスカラもあるそうですよ。 

ブリーチするか、眉マスカラにするかお財布と自分の性格から決めましょ。 

眉毛の刺青 
眉毛の刺青というと語弊がありますが、眉毛のラインを整える技術に アートメイクというものがあります。 
アートメイクとは皮膚の浅い層に色素を乗せていく刺青のような技術で、 刺青とは異なります。 

このアートメイクは数年で色が落ちます。
刺青と違って色が落ちますので、数年後にはそのとき流行の眉型にまた かえられるという事が特徴です。 

数年で消えるとはいえしばらくはその眉毛の形と付き合うことになるので、 十分打ち合わせをして書いてもらう必要があります。 

もう眉毛を書くのが面倒だという方には良いかもしれませんね。
スポーツをして汗をかいたり、水泳をしても、メイクを落としても 眉毛は綺麗なままなんて、結構いいと思いません? 

アートメイクは全国のサロンで施術してもらえます。

男性の眉毛の整え方

最近は男性も眉毛を整える時代になりました。
聞いた話によると、床屋さんでは眉毛の下を剃るかどうか聞かれるそうですね。 

男性は、女性ほどキッチリやる方は少ないと思いますが いろいろ調べたところ男性の眉毛の整え方はこんな感じのようです。 
眉毛の長さを整える
まず、眉毛カット用のくしとハサミで全体的に薄くします。
男性はげじげじな濃い眉毛の人が多いと思いますので、これは基本ですかね。 

上下の余分な部分をカットする
眉毛が繋がっていたらその部分もカットしてやります。
基本的には眉の下側をカットして細くしていきます。 

人によってはカミソリで剃ったり、毛抜きで抜く方もあるようです。 眉毛をペンシルで書く人は極マレのようですね。 

毛抜きは高いものがオススメ。
私のお気に入りはスイス製の毛抜きです。一度使ったら辞められなくなります。
posted by さとみん at 23:25| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: