2017年06月05日

マスカラの正しい塗り方と下地

ビューラーのあて方やマスカラのつけ方によって表情は大きく変化します。
その日の気分や会う人によって印象を変えてみるのも楽しいかもしれません。

まつ毛に負担がかかるのでまつ毛用育毛剤やマスカラ下地を使うと良いでしょう。

マスカラの塗り方と下地
マスカラを塗る事で目力がつきます。 
まず、マスカラの下地について説明します。

マスカラ下地にはカールキープ、長さ、ボリュープをアップさせる働きがあります。
また、下地にはトリートメント効果もありますので痛みがちなまつ毛を保護してくれます。 

マスカラ下地はブラシでまつ毛を根元から持ち上げるように塗ります。
下地が乾く前にマスカラを塗ってあげます。 

続いてマスカラの塗り方です。

まずビューラーで上まつげの根元をはさみ、中央、毛先側へと移動させながらカールさせます。
力みすぎてまつげを折らないようにしましょう。 
下地を使う場合はここで付けましょう。

次にマスカラをつけていきます。

ティッシュにマスカラブラシを軽く叩くか、容器の縁で2,3回しごき余分な液を落とします。
まぶたを軽く引き上げ、目線を下にして上まつげの根元に上側からブラシを左右に動かしながら 毛先に向かってつけます。
まつ毛の中央が終わったら目頭、目尻も同様に行います。

次に毛の下側から持ち上げるように塗ります。
下まつげは縦に持ったブラシを左右に動かしながらまつ毛1本1本に塗っていきます。 
マスカラ液が乾ききる前にしっかりコームでとかします。

上まつ毛は目線を下にして、目と平行にコームを持ちとかします。
下まつ毛は逆で目線は上向きにします。

理想のボリューム、長さになるまで「つける⇔コーミング」を繰り返します。

マスカラの塗り方と印象の変化 

マスカラとまつ毛のカール具合により顔の印象が変わります。
どんな感じにしたいか決めてメイクしましょう。 

涼しげな印象
ビューラー:上まつげの根元だけカールさせます。
マスカラカラー:青色
塗り方:上まつげと同様に下まつ毛にもたっぷりと塗ります。
仕上げ:まつげコームをしっかりかけダマをなくします。

可愛らしい印象
ビューラー:上まつげの根元から毛先までしっかりカールさせます。
マスカラカラー:茶色
塗り方:上まつげと同様下まつげにもたっぷりと塗ります
仕上げ:まつげコームは軽くかけます。
注意:年配の方の茶色はぼやけた印象をもたせます。 

モードな印象
ビューラー:上まつげの目尻から中央にかけてカールさせます。
マスカラカラー:上まつげにはオレンジゴールド、下まつげには黒のマスカラをたっぷりと塗ります。
仕上げ:まつ毛コームは軽くかけます。
posted by さとみん at 21:42| Comment(0) | メイク・スキンケア・ヘアケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: